photo credit: Having a whale of a time at the beach via photopin (license)
お客さんや友人と話しているとこのような質問がよく出るので、これを機に書いておきます。

「そもそもキャビテーションエステのキャビテーションってなに?」という方も多くいると思うので、順を追って説明していきますね。

キャビテーションエステとは?

そもそもキャビテーションという言葉はエステ特有のものじゃないんですが、ここではキャビテーションエステとは?について書いてます。

簡単に言うと、キャビテーションエステは脂肪細胞を破壊して痩せる方法です。つまり、通常の痩せる方法と違って、運動や食事制限をしているかに関係なく痩せる。ということです!(すごいんです!)

おそらく「普通の痩せる方法と、どう違うの?」という疑問が浮かんだ方も多いと思いますので、ざっくり!説明しますね♪

普通の痩せる方法とキャビテーションエステで痩せる方法の違い

結論から言うと、簡単に痩せるのはキャビテーションエステで、頑張って痩せるのは普通の痩せる方法です!

まだわかりにくいですよね。さらに説明していきます。

普通の痩せる方法

普通の痩せる方法というと漠然としていますが、世の中のダイエット法のほとんどはこの方法なんです。

普通に痩せるためには条件があります。それは痩せる公式を守ることです。

痩せる公式 : 摂取カロリー < 消費カロリー

痩せる公式とは、摂取カロリーを消費カロリーより抑えることです。要するに体が必要な分以上に食べてはだめですよ!ということですね。

これを守ることで、確実に痩せていきます。(もちろん脂肪燃焼の効率などもありますが、ここでは省きます)

少し詳しく説明すると、摂取カロリーが少ないと、カラダがエネルギー不足になります。そうなると、エネルギーが必要なので、カラダの中にあるものからエネルギーを生み出そうとするんです。そう、それが脂肪なんです!脂肪を分解するとエネルギーになるんです。

この「エネルギー不足⇒脂肪分解⇒エネルギーに変わる⇒エネルギー確保」 の流れがよく言う脂肪が燃えるという事なんですね!

という事なので、この公式を守れるようにすることが、何百とあるダイエット法の痩せる理由でなんです。

例えば、朝バナナダイエット(朝バナナダイエットを否定してはないですよ!)

バナナ1本のカロリーはおよそ100キロカロリーです。←検索の結果

これを朝5本食べる人はほとんどいないと思います。仮に2本食べたとすると、200キロカロリー。

これは通常の朝ごはんよりかなり低い数値です。(通常は500キロカロリー前後です。)

あとは通常と同じもしくは正常な食事を昼・夜摂れば、朝ごはんで浮いたカロリー分脂肪が燃えて痩せる。

ということになりますね。ちなみに9キロカロリーに1g痩せると言われています。

ちなみに、いろいろなダイエット法で「痩せた!」という人と「効果なかった…」という人がいる理由は、

(朝バナナダイエットでいうと)「効果なかった」人は、朝のカロリーを抑えたけど、昼・夜・間食での摂取カロリーが消費カロリーを上回っていた。要は食べ過ぎですね。

「痩せた!」という人はその逆で摂取カロリーが消費カロリーを下回っていた。要は食べすぎでない。

こう見ると普通の痩せる方法は単純ですよね??

キャビテーションエステで痩せる方法

そして、次からが本題です。方法はさっきの普通に痩せる方法とは全く違いシンプルです。

この方法はさっきの痩せる公式は当てはまりません。

その理由は、キャビテーションエステの仕組みにあります。

キャビテーションエステは、痩せたい部分にプルーブ(キャビテーションマシンの体に当てる部分)を当てるとその部分の脂肪細胞が破壊されます。

仕組みはこれだけなんですが、ここでキャビテーションエステを受ける時の注意点2つあります。

1.キャビテーションマシンは脂肪細胞を破壊するだけ!

「それだけでいいじゃん!」という声が聞こえてきそうですが、破壊するだけではだめなんです!

その理由は、脂肪細胞を破壊すると、間質層(体内のリンパ液などの体液があるところ)に脂肪細胞の中身が流れだしてきます。

これを体の外に出さないと、痩せません!

そして、排出する方法は3つあります。

  1. 1.一緒にリンパマッサージや温熱療法をしてリンパをながして老廃物を排出してもらう
  2. 2.白湯を飲み、排尿を促進する
  3. 3.運動する

もちろんすべて併用するのが一番いいです。日頃、忙しく働いている人は、それも運動に当たるので、追加で運動しなくてもよいと思います。

とにかく「排出する」ことですね。

2.施術後2時間は何も食べないで!

施術後は、体が、運動した後のような状態になります。この状態の時は体の吸収率が高まると言われいています。要するに、太りやすくなるということですね。

この二つの注意点を意識すると、簡単に痩せます。

そして、キャビテーションエステにはもう一ついい事があります。それは、

部分痩せができる!

普通の痩せる方法では、部分痩せをするのは難しいと言われています。(というか難しい!)

なぜなら、エネルギーを確保するために脂肪が燃えるので、取りやすいところから勝手に脂肪をとっていってしまいます。

だから「ここを痩せさせる」というのはかなり難しいんです。でも、

キャビテーションエステならプルーブを当てた部分の脂肪細胞を破壊して痩せるので、痩せたい部分を施術してもらえば部分痩せも可能です。

キャビテーションの効果が出るサロンの見極め方法

キャビテーションの効果が出るサロンかどうかを見極める方法は、

3日後に一番痩せているか?

キャビテーションは脂肪を破壊するだけのマシンです。なので完全に破壊された脂肪細胞の中身が体の外に出ていくまで3日はかかると言われています。(当サロンでも確認済み)

もちろん、初日もサイズダウンはしますが、施術をするとマッサージ効果もあるため、むくみも取れます。むくみが取れるだけでもウエストマイナス5cmというような方もいらっしゃいます。なのでむくみが取れてサイズダウンしたのか、脂肪が減ってサイズダウンしたのかは当日ではわかりません。

なので、3日経って施術した部分を確認すれば、むくみだったのか(むくみは徐々に戻るので)脂肪が減ったのかがわかるということです。

終わりに

タイムレスにあるキャビテーションマシン「ワボーン」の施術も紹介させてください!m(__)m

先ほど、キャビテーションは受けた日ではわからないといいましたが、ワボーンは3日後でもわからない場合があります。それはセルライトを解くモード脂肪を破壊するモードがあるからです。

セルライトが少ない(ぼこぼこが少なかったり脂肪が柔らかい)方は、脂肪を破壊するモードを使用するので、3日後に施術した部分が一番すっきりしています。

セルライトが多い(脂肪が固い)方は、セルライトを解く(通常の脂肪細胞に戻す)モードを使用するので1回ではサイズダウンにはつながりにくいです。

*セルライトは運動しても、消費カロリーを大きくしても痩せにくいと言われています。(実際にそう思います。)

なので、このモードは脂肪が柔らかくなったのを実感できると思います。逆に柔らかくなるので、たるんで太ってみえるような方もいらっしゃいます。

数回続けることを考えるとこちらの方がよりサイズダウンを見込めるんです。

これからモニターの写真もアップしていきますので、楽しみにしててくださいね。

お付き合いありがとうございました。